辛くもしんどくもない人生

思うことを書く。

生まれた頃からの環境の差は甘えと言われるのか


生まれた、ということぐらいしかこれまでの人生で共通点がないなあと思う人がいました。
話を聞けば聞くほどそんな世界が存在してるのかと、まるで違う次元に生まれたかのように思えてきます。
特に大きいのは経済力の差。
正直経済力の差っていうのは小学生の頃が一番感じられました。いい意味でも悪い意味でも。
すごく残酷な世界ですね。
もちろん小学生のときだけではないけど、学校に通っているとどうも"家庭の経済の事情"というものがつきまとっているように思えてなりません。
かく言う私も、多くの場面で経済力の差をひしひしと感じていました。悲しいですね。悔しいですね。
やはり世の中は金です。
愛より金です。
資本主義社会の国に生まれたからには愛より金を求めて生きていかなければ、気がついたら家を失い、今日食べていくものがあるのかどうかという状況になってしまうのではないでしょうか。大げさかもしれないけど。
また経済力の差は子どもの進路の選択肢にも関わってくると思います。
やはり最難関大学に通っているような人の家庭は裕福な場合が多いのでしょうか.......。
経済的な事情というもので私立の大学という選択肢を奪われた人は、行きたくもない大学に行くためにやりたくもない勉強をしなきゃいけない人生なんですね。
奨学金?当てになんねーよ!!!!!!

恵まれてるなあと思う人が愚痴を言っているのをみると、東京で暮らす人が水がまずい!と文句を言っているのをサバンナで見ているような気持ちになります。
しかしながら、恵まれてる人に対する愚痴を言ってしまうと、甘えだと言われてしまうのです。
ただスタートラインが違うだけで、ゴールまでの道のりを、スタートラインがよりゴールに近い人を凌いで努力をすればいいじゃないかと。
そういうことじゃなくて、スタートラインが違うことに対する愚痴を言っているんでしょうに。それが分からないのですね。


これは現実逃避だろうか?





大学生のキラキラ感無理なので大学生になりたくない。

働きたくない就職したくない。

結婚?めんどくさそう。

子ども産むのはいたそーだからやだ。



人生に目標はありません。
夢もありません。
神様は生まれたこどもひとりひとりにこの世に生を受けた意味を図式化してわかりやすく教えるべき。
あーあー生きる目標なんてないけど死ぬのも怖いからやだとかいう現実逃避に今日も生かされているのか.......。
好きな人と美味しいもの食べるのは幸せだね!という自分の言葉にぐるぐると縛られてしまって、今日という日は特に辛いです。
数字はなくなってしまえ。
朝起きたら1月1日に戻ってればいいです。
後悔したことが一つだけあるのでそこだけやり直したい。



ムーミン谷の仲間達って何を目標に生きているのか?
気がついたら私もムーミン谷の仲間達として生きているかもしれない。
そんな悲しい3

かわいいかわいい推しが芸能界を卒業する。


本日3月31日をもってAAAの伊藤千晃ちゃんがAAAを卒業します。
あんまり騒いでこそいませんでしたが、伊藤千晃様のことは芸能界の女性の中で一番可愛いと思っていました。これマジ。
卒業が今日ということで、私が千晃ちゃんに出会ってから今までのことが思い出されます。

私がはじめて伊藤千晃を見つけたのは2011年12月31日の後半歌合戦のことです、、、
callという楽曲に惹かれたという部分もあるけど、かわいい衣装に身を包んで踊る千晃ちゃんに私は心を奪われました。
なんて可愛い子がいるんだ!!
一緒に踊っている中にかっこいい男の子もたくさんいるのに、たった1人の女の子に目がいく。これは私史上はじめての経験でした。

それから、歳を追うごとに可愛らしさと美しさを兼ね備えた素敵な女性になっていくのをファンとして見ていられてすごく嬉しかったです。
AAAはどんどん人気になっていって、私は諸事情があってファンを降りてしまったけど、伊藤千晃個人としてのファンは今日までずっと続けていました。
歌が苦手なのに努力を重ねてどんどん上達していったこと。メンバーの中で唯一ダンスの経験がなかったけど、今では引けを取らないぐらいまで踊れるようになったこと。
千晃ちゃんが努力をしている姿をみると私も頑張ろう!って思えました。
特に受験期の辛い時期にみた千晃ちゃんの笑顔にはほんとに救われた.......。どんなに暗い気持ちも吹き飛ばしてくれる笑顔の持ち主、それが伊藤千晃です。
私がこないだ大好きな人とお別れした時、悲しくて死にそうになっていたところに千晃ちゃんの歌う負けない心が流れてきて、ほんとにほんとに気持ちが楽になった.......。
千晃ちゃんの笑顔も歌声も全てが私にとってかけがえのない宝物です。


私が特に好きな伊藤千晃は、Heart to heartの時のロングの髪型に青っぽい衣装!!
ほんとに超絶可愛くてこの世に存在してるのか疑ったレベル.......
伊藤千晃さんの髪型短いより長い方がいいっていうタイプの人間です.......
いやどっちもかわいいんだけどさ!!!!!めちゃくちゃ可愛いんだけど!!!!!!!!長い方好きっていう。特にロングストレートが好きです。復帰することがあればロングストレートの千晃ちゃんがみたいな!★☆
とか語りまくると大変なことになっちゃうのでかわいい千晃ちゃんコレクションはここら辺にして.......。
伊藤千晃さん、5年間私に夢を与え続けてくれてありがとう。君はダンスボーカルグループという括りで活動していたけど私の中ではアイドルでした。です。今でもアイドルです。
結婚妊娠という突然の発表は、私にとってとてと衝撃的なものだったしすぐには受け入れられなかったけど(ごめんなさい.......)千晃ちゃんが私に幸せをたくさん与えてくれたように、千晃ちゃんも千晃ちゃん自身の幸せを見つけてほしいです。末永くお幸せに。大好きです。

全く知らないアニメのコラボカフェに参加した話

先日友人に連れられて全く内容を知らない某アイドルアニメのコラボカフェに行ってまいりました。
私自身他の某アイドルアニメのオタクやってたりもしてるし、一応雰囲気とかには慣れてるつもり!あくまでつもり!!!!
開店前から店の前には長蛇の列!!!!!!お姉様方のカバンには推しキャラがニコニコと敷き詰められていました.......こんなことは当たり前体操なんですよね。
開店後、席に通されてからいきなりの店員の叫び&おきゃくさまの叫びからはじまるアナウンスに心打たれました、、、、もちろんいい意味です.......店員命かけてんな(遠い目)
そして10人ごえのアイドルの中から推しのグッズを手に入れようとポンポン札束が飛ぶ店内........かつて自分が推しの某青髪御曹司を出すために鬼の形相でガチャに大量のコインを入れていったことが思い出されます.......。
そしてはじまるグッズ大交換会!!!!!!!!!大交換会があるなら大量のグッズを買う必要はないのでは.......。ということはさておいて、みなさん店内をうろつき始めます。友人と私の座っている卓にもお姉様がいらっしゃって交換の申し込みがなされたのな.......。
ちょっとキャラの人数が多すぎないか?と突っ込みたくはなるが、そんなこと口にした瞬間私は肉の塊となってしまうことはわかっていたので笑顔を絶やさずに大交換会を見守っていました.......。
大交換会も落ち着いてきて、私は友人からアニメについて一通りの説明を受けます(遅い)
なんとこのアニメのアイドル、学業とアイドル活動を両立しているらしい.......。
リアリティが凄すぎてキャラの名前以前にそこばかり強調されて覚えてしまいました.......。中でも模試で全国1位を取り続けるアイドルがいるのだとか.......すごすぎる.......。
いやでも現実世界でも学業とアイドル活動の両立ができている人間がいるのかというぐらいなのに、なんだかスゲーアイドル様なんだな!ということはわかりました。
この時点でわたし、興味が湧きまくっている。
一人一人のキャラの説明を聞いていたらまー奥が深いこと深いこと、、、、
同じ2次元アイドルを推しているのにも関わらずこんなに違いがでてくるのか!?そういえば私が推してるアイドルくんって学業どうしてたっけか?!?!
中でもわたしの興味を引いたのは、国内屈指の名門男子校に通い、生徒会長を務める超優秀なメガネ男子アイドル.......いやこれ私得すぎやろ、、、、男子校、、、、男子校とな、、、、
ここで男子校が私のハートにシュートをうってくるとは.......。
いや、でも、私にはメロンパン御曹司が.......。
そんなこんな葛藤しているうちに退店時間に。
みなさん最後まで楽しそうにお話したり店内の写真を撮っていたりして、なんて平和な空間なんだと、ただ一人、新たなるジャンルの開拓という選択肢に頭を悩ませ始めたわたしは思うのでした。
そして恋愛感情が浮ついてしまっている今なら2次元アイドルにリア恋いけるのでは!?というハチミツよりもあま〜い考えの私は2次元キャラリア恋の旅にでるのだった.......。
ちゃんちゃん。

ブスてしたブス

SNS大戦争時代に生まれてしまったので、日々SNSという戦場に出ては負傷してしまう。
SNSという戦場には人間の姿をしたバケモノや、王子様の仮面を被ったキスをしてもなにも変化のないカエルなど、様々な"もの"が存在しています。


SNSはこわいです。
私の大尊敬する第六天魔王織田信長様でさえ、この時代に生まれてしまったとしたら、SNS大戦争のまえに平伏してしまうのではないでしょうか.......。


もてたいもてたいピンク色のシャツも大嫌いです。

三ヶ月は倦怠期

三ヶ月は倦怠期といいます。
わたしには倦怠期という概念がありません。
ケンタッキーならビスケットが好きです。
というのは嘘で、倦怠期が訪れません。
倦怠期ってなんだろうね、って言っておいて知らない間に訪れてて自分でそれに気が付かないだけなのかもしれないですね。


私の中の倦怠期は推しに対する弱火の時期だと思います。
そして弱火の時期と好きが空気になる瞬間はまるで違うのですよ。
某メガネの先生のことをあんなに毎日好きだ好きだと騒いでいたのに、どうして今は名前の頭文字すらでてこないのか。
その答えは簡単であります。
推しは自分にとって空気になったのです、ありがたい事に。
息をするように当たり前に推しを好きになったのです。


むかしむかしそのむかし、わたしは某俳優にガチ恋をしていたことがあります。
ガチ恋に関しては、自分がすることはあまり好きじゃないので今となっては暗黒の思い出ですが、いつのまにか空気をすっているようにその人のことが好きなことが当たり前になっていたので結果オーライなのかな。
嫌いになれない人を無理やり推しにして、アイドルにしてしまっていたらいつか空気を吸っているように当たり前に好きだという感情に変わる日が来るのでしょうか。
それが今一番わかりません。
どんなに難しいチャートの問題にも答えはあるというのに、そのことには答えがありません。
これは大変なことで、数々の問題を痺れながら解いてきたメガネの先生でさえ答えが分からないのです.....。
倦怠期はケンタッキーだと思い込んでおくと、美味しそうでいいですね。
もう泣きながら帰るのは嫌です。
アイドルになってください。
偶像

ぷれぜんとうし

批判する気はありません、あしからず。












「お誕生日おめでとう!これプレゼント!」


クラス全員に1人1人が誕生日を迎えるごとにちょっとしたプレゼントを渡している人もいれば、本当に仲のいい友達にしか渡さない人もいると思うんですよ。
それで、私は圧倒的に後者のタイプなのですね。
だから、手当り次第プレゼントを渡す気持ちがわからなくて.......
見返りか??見返りのためにやってんのか???それとも、そういう家訓でもあんのか???
と、友人A(プレゼントはみんなに渡すよ)に尋ねてみたところ、見返りがあると思って渡してる、との返答.......。
いやいやいやいや、見返りって渡した人から全部かえってくるわけでもないし、大赤字だろうがよ.......
でも私は気づいたんですね。
金額のとしては赤字になってしまうかもしれないけど、人間関係を築いていく上で、少しでも相手にいい印象を与えられるという点では、金銭以上の見返りを得ているのかもしれない!!
ということに.......。
まあもちろん、その中には善意が多く含まれていると思いますが、スゲーなみんな!!!オラ、そんなことまで考えられっかよ!!
感服ございます。
ハァーーーーーーー社会に出る前から対人関係をうまく形成していくためにどうすればいいのかを学ぶために学校ってあるんだなーーー!
一見ちょっとした誕生日の出来事でも気をつけてみてみると、みんな大変な思いをしているんだなあと思いました(小並感)
あと、私に誕生日にお菓子くれた人ありがとうございました♡
おわり。