辛くもしんどくもない人生

ここが地球でよかったな!

私の人生だから




明日死ぬかもしれないのに、私は何をやっているんだろう。
何を目的に生きているんだろう?
私には将来のやりたいことがはっきりと見えていないから、なんか毎日ぼんやり生きちゃうんだけど、明日死ぬかもしれないから、私のやりたくない事はやめて、人の言うことに無理矢理従うのもやめて、私の生きたいように生きなきゃなって思いました。
先生とか、親とか、大人にしたがって生きてきたけど、実際もう私は大人だし、これからは自分に従って生きなければいけませんね。
嫌なことはしないけど、嫌でも必要だと思うことはしないといけない。
だからもしとても辛いことがあったら大好きな曲を聴いて、大好きな人達の写真を見て頑張りましょう、人生。
幸せになるのって多分とてもとても難しいことで、というか私は自分の幸せがなんなのかわからないけど、私は幸せにならないと行けないから、よくわかんないけど、自分に従って頑張りましょうね。

70期最強伝説


タイトルちょっとパクっちゃった(笑)



ついこの間高校を卒業しました。
高校3年間を振り返って、と言われると、ほとんど全てが部活のことになってしまうぐらい、3年間すべてを部活に費やしてきました。


私は、同期が心から好きです。
高校に入って、知り合いが誰もいなくて、クラスもあんまり好きじゃなくて、どうしようって思った時に、いつも一緒にいて楽しませてくれるのは同期の9人でした。
入部してすぐに意気投合したみんなとは本当に運命の出会いを果たしたなと思っています。


私たち70期を一言で表すと、「不遇の代」だと思っています。
理不尽に次ぐ理不尽に苦しめられ、辛い辛いと言ってきましたが、辛い、苦しいと弱音をはける仲間がいたことは幸福なことですね。
不遇に見舞われながらも、入部当初から最後までずっと仲良し70期でいられたことも本当に幸せなことだなった思います。
部活に打ち込んでる時は、みんながそれぞれ大変な思いをしていたと思うけど、それでもみんなが周りに気を配って、誰一人としてかけることなく、10人揃って卒業出来たことも幸福なことだと思います。
個人的には、現役の時には辛いことしかなかったと言っても過言ではないけれど、同期がいたから乗り越えてこられたと強く思います。
特に全国大会の時には、同期がいてくれて本当に心が救わました。
卒業してちょっと経って、みんなには言ってないけど、私はものすごく寂しくて、同期に会いたいなって思ってます。寂しいな.......。
巷では、部活に青春をかけましたっていうひとがいるみたいですが、私たちは命を懸けていたなと思います。練習量は裏切らないよ!笑
私たちは随分と舐められていたようで、見下されていたようで、本当にどこからそんな風に思えるのかとても不思議でならないこともあり、心外に思うこともありましたが、自分たちがかけてきたものは他の誰よりも大きかったということで、今は自信を持っています。
卒業式のあとに、同期のひとりに、私達の代は絶対にほかのどの高校よりも仲良いから!と言いきれるぐらい、仲がいいです。ほんとにみんなが心から好き。高校選び間違えたなとは思うけど、みんなに会えたから相殺されたと思ってます。神様もだけど(笑)
70期最強伝説を作りたくて頑張ってよかった!
最強です、マジ卍

春を殺して夢は光っている?よね?


大好きな大森靖子ちゃんの曲の歌詞です。


大森靖子ちゃんを聞いていると非常にエモい.......となるのでオススメです。
私はエモい.......という感情が全くわからなかったけど、最近やった分かるようになった!




ていうか全然関係ないけど、GANTZの世界にいきなり飛ばされたとして、どこの世界なら生き残れるかなってずっと考えているんですけど、本編を見る限り、私は多分ネギ星人編しか生き残れない.......。
まずGANTZの世界は、運>>強さ、なところがあるので、元来運の良くない私は隠れていれば生き残れるネギ星人編しかクリア出来ないと思われます。あと、個人的にはめちゃくちゃに大阪編が好きなんですけど、百戦錬磨の大阪チームがボコボコにされてるのを見て恐怖におののいてしまうと思うので行くのは無理です。ちなみに大阪編といえば少し前にGANTZ:Oが公開されましたが、その映画には出てこないが原作に登場する花紀京というキャラクターめちゃくちゃ好きです。薬やってるやべーキャラだけどGANTZ史上一番美しい。映画を作る上で都合が悪くなるのはわかるけど、私はあの花紀京の美貌を3DCGで見たかったな。
あとイタリア編は一番行きたくないですね。何が嫌かって秒で殺されるところですね。こわい。普通にGANTZ読んでて、えっこれは希望がないのでは.......って思ったのは後にも先にもイタリア編だけ。まず敵キャラの母体数が多いことに加えてその個体ひとつひとつの戦闘能力が非常に高いということで、私は絶対に隠れても生き残れないので、イタリア編には行きたくないですね。
田中星人編は普通に鳥が苦手なので無理です。ごめんね。田中星人は好きよ。
まあよくわかんないこと書いたけどGANTZは素晴らしいほのぼのハートフルストーリー漫画なのでみんなぜひ読んでね♡

非常に良くある話で




人間を簡単に信じちゃいけないと言われました。私もそう思いました。多分どんなにいい顔をしてどんなに友達みたいな顔をしていても心の中を覗けない限り信用しきったらダメだと思いました。ある程度ふるいをかけて行かないといけないと思いました。私は人との関係がとても苦手でいつも騙されてしまうので、友達だと思ってたのに.......と傷つくことが良くあるので、どうやったら騙されないようになれるのか考えています。2018年は新しい出会いもあると思うけど、また騙されて傷つかないように気をつけます。さよなら

こんこん

ばんは



神様がいなくなって廃人みたいな生活するかなって思ってたけど割と保ってます。
神様に幸せになってねって言われてしまったので(嬉しい)私は死んでも幸せにならないといけないのだ、また長い旅が始まる。


もう春が来て、嫌いな人たちには会わなくてもなんにも言われないし、好きな人達にはいっぱい好きって言っていい季節になって、花粉が飛んでいようが、私の気持ちもふわふわ飛んでいってしまいそうですね。
とても楽しいですね。
私は春夏ががとても嫌いなので、はやく秋冬になってほしいけど、今年の春は高校卒業の節目で、嫌なことから逃げられる時間だから、嬉しくて特別だと思いました。
ガチ恋おじさんのブログやTwitterを見ているととても切ない気持ちになるのも、春だからかな。